高価買取を叶える!医療機器の買取業者選びNAVI » 中古でも高価買取が期待できる医療機器一覧 » CT

CT

CTは中古でも高価買取が期待できる医療機器です。下記メーカーは多くの業者が買取強化メーカーに指定しており、中古市場のニーズが高いといえます。リンク先では、買い替え・新規開業を検討中の方へ向けて、各メーカーの製品概要を記載しています。

CTメーカー別

キヤノンメディカルシステムズ
(旧:東芝メディカルシステムズ)

国内大手メーカー、キヤノン。前身の東芝メディカルシステムズ時代から、MRI,CT,超音波など画像診断装置が主力。国産のプライドともいえるメンテナンス体制とアプリケーションサポートも強みとしている。

キャノンメディカルシステムズのCT機器について詳しく

GEヘルスケア・ジャパン

MRI、CT、超音波診断装置など、画像診断機器大手のGEヘルスケア。国内に研究開発、製造、販売、サービス部門までを持ち、国内カスタマのニーズに応える体制を整えている。

GEヘルスケア・ジャパンのCT機器について詳しく

フィリップス・ジャパン

オランダに本拠地を置くヘルスケアカンパニー。予防・ホームケア・治療など健康にまつわるプロセスすべてを対象とし、ITテクノロジーを駆使した開発を行っている。

フィリップス・ジャパンのCT機器について詳しく

シーメンスヘルスケア

ドイツに本社を置くヘルスケアカンパニー。病院経営に関するコンサルティングや、サステナビリティを追求した自社での国内整備品の提供も行っている。

シーメンスヘルスケアのCT機器について詳しく

富士フィルムヘルスケア(旧:日立製作所)

CTを含む画像診断関連事業は2021年3月31日、日立から富士フィルムへ譲渡。日立のCT技術と富士フィルムの強みとする画像診断関連のソフトウエアと組み合わせさらなる技術開発を目指している。

富士フィルムヘルスケア(旧:日立製作所)のCT機器について詳しく

CTを買取してくれる業者一覧

CTスペック別

CT・16スライス

CT・32スライス

CT・64スライス

CT・128スライス

CT・160スライス

CT・256スライス

CT・640スライス

効率的な設備投資のために

一般に、CTの法定耐用年数は6年、物理的耐用年数は10年ほど。CTは古くても、海外の中古ニーズが高い機器です。中には16年前のものでも買い取れることがあるそうです。時間が経つほどに買取価格が下がる医療機器。お持ちのCTが買取できるうちに買い替えるのも、効率的な設備投資といえるでしょう。

参照元:e-Gov法令検索https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=340M50000040015

中古医療機器⾼価買取が期待できる
優良業者とは…?

取り扱い⽅を間違えると⼤事故になりかねない医療機器の解体や撤去。そこで、当サイトでは2021年3月3日調査時点で、「医療機器 買取」のキーワードで検索した、Google検索上位の21社を調査。その中から信頼できる業者の証として4つの許可・登録届(産業廃棄物収集運搬業の許可・古物商許可・医療用具専業修理業・高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可)を持ち、海外に販売経路を持っていることで「高価買取」が期待できる、この条件に該当した優良買取業者3社をご紹介します。

CTやMRIなどの
⼤型医療機器の
買取に特化!
⻄村医科器械
取り扱い対象の医療機器
  • CT
  • MRI
  • 超音波診断装置
    (エコー)
  • マンモグラフィー
  • アンギオ(血管造影)装置
    …etc
ジャンル問わず
小さな医療機器の
買取にも対応可能!
シマダメディカル
取り扱い対象の医療機器
  • 電動ドリル
  • 歯科系機器
  • 眼科系機器
  • 心電計
  • 脳波計…etc
期間ごとに
買取強化機器を
ピックアップ!
ホーユウ
取り扱い対象の医療機器
  • CT
  • MRI
  • 血管撮影装置
  • 超音波診断装置(エコー)…etc
⾼価買取が期待できる
医療機器買取業者を紹介